アーカイブ

ストラテラの服用を途中でやめても問題がないのか?

ストラテラはADHDの治療薬として利用されている薬です。病気として認識されているからこそ薬が服用されているわけです。薬が効いているのであればいいわけですが、万が一薬が効かなかったり副作用が起きたりした場合にはどういう対処をした方がいいのでしょうか。

■ADHDは子供だけでなく大人でも見られる

ADHDは幼稚園や学校で見られていた子供の障害で、黙って授業を聞くことができないとか、突然暴れ出す、授業に集中できないなどの症状が見られます。周りの人たちにとっては困ったなあと思うものですが、これは環境や教育によって養われたものではなく、先天的に脳の前頭葉部分の機能不全が原因になっています。最近ではそういうことが大人でも起こるということが言われていて、社会生活を営む上で困ったことになるでしょう。

■ADHDの治療や投薬治療と共に行動療法などを組み合わせる

ADHDの治療を行う時にはストラテラなどに治療薬に加えて、適切な行動を取らせるための行動療法や集中を促すための環境療法を組み合わせながら、社会に適応していきます。万が一ストラテラの服用をやめた場合は依存性が無いので問題はないわけですが、投薬によって抑えられた部分が再現することになるでしょう。これらの治療に対しても無駄になる可能性があります。
もしストラテラの副作用が強いとか、体質に合わないなどの事情が出てきた場合は、医師に相談をしてください。個人で勝手に服用をやめるというのは必ずやめるべきです。

■途中で止めないといけない場合は医師に相談する

ADHDは子供だけでなく大人においても見られる症状です。ストラテラなどの投薬と共に行動療法や環境療法を組み合わせて治療を行います。薬が合わないなどのことが起きたら自己判断せずに医師に相談することです。

関連する記事

    None Found

ページ上に戻る