アーカイブ

ストラテラの効果と副作用

ADHDの薬物療法に使われる薬としてストラテラと呼ばれる薬があります。ADHD自体は性格や教育、家庭環境などが影響しているのではないかと誤解している人もいますが、これは脳に原因がある病気の一種です。精神科などに行くと薬が処方されるのと共に、行動面を少しずつ治していくような治療が行われます。ここではストラテラと呼ばれる薬の効果と共にどういう副作用が起こるのかなどについて紹介していきます。

■ADHDは脳に問題がある

eaga
ADHDは脳に原因がある行動障害で、それを薬で補うことによって社会で暮らしていくことができるわけです。ストラテラと言う薬はADHDの人たちが欠けている脳の働きを補うことによって、落ち着きのなさや集中力の無さなどADHD特有の症状を埋めています。
飲み薬で行動が変わるということはとても不思議に感じるのではないでしょうか。今までであれば脳の働きが足りなかったものが、薬を飲むことによってそれを埋めてくれるというのは怖いという印象を持つ人もいるでしょう。それでも、ADHDの人たちにとっては無くてはならない薬でもあるわけです。適切に使うことによって社会進出ができるわけですので、うまくストラテラと付き合っていけばいいわけです。

■なぜストラテラが脳内神経伝達物質に作用するのか?

ストラテラがADHDの症状に効果がある理由は、その原因であるドーパミンやノルアドレナリンのような脳内神経伝達物質に働きかけるからです。だからと言って薬の中に脳内神経伝達物質が含まれているというわけでもありません。ストラテラは直接脳内神経伝達物質に働きかけるというわけではなく、こういう物質を運んでくれるトランスポーターに対して働きかけます。トランスポーターは脳内に放出された神経伝達物資を元の場所に回収するための役割を負います。
ADHDの人の脳はトランスポーターの働きが過敏になっていて、必要以上に脳内神経伝達物質を回収してしまうから、結果的にドーパミンやノルアドレナリンが不足して、それに伴って普通の人よりも週流力や注意力などが不足してしまいます。そこで、ストラテラと言う薬を使って過敏に働いてしまうトランスポーターの働きを若干弱めることによって、脳内神経伝達物質が普通の人と同じような量に落ち着くわけです。

■副作用も依存性も低い

ストラテラはトランスポーターに対してだけ作用し脳の神経に直接作用するわけではないので、脳内における影響は圧倒的に小さいです。そのため薬に対する依存性は低いですし、副作用も小さいと言えます。しかし、医師によって処方されなければ手に入れることはできませんので、注意して服用する必要はあります。
副作用に関しては飲み始めた時期に見られることがありますが、続けていくにつれて軽減されていきます。具体的には胃腸系の副作用として吐き気やおう吐、下痢、便秘などを生じたり、睡眠障害として眠気やふらつき、めまいなどを生じたり、その反対の不眠症状を生じたりします。その他には頭痛や食欲減退、肝機能障害などがあります。とても気になるような副作用を生じた場合は医師に相談してみてください。

■ストラテラの効果と副作用を知ることが大切

ADHDの人は脳に問題がありますので、脳の機能を補うためにストラテラを服用します。ストラテラは直接神経に作用するのではなく、トランスポーターについて働きかけることにより、社会でも暮らしていけるわけです。副作用も依存性も低いために服用しやすいです。

ストラテラの個人輸入なら『いろはウェブショップ』
http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/strattera.html
ストラテラの副作用や用法用量等についても記載されています。

更新情報

2017-02-20
ストラテラの効果と副作用の情報を更新しました。
2017-02-20
ストラテラはあくまで対処療法に過ぎないの情報を更新しました。
2017-02-20
ストラテラは睡眠に関する副作用が起こることがあるの情報を更新しました。
2017-02-08
運営者情報を新規投稿しました。
2017-02-08
ストラテラの薬価は高いので、自立支援医療制度を申請するといいの情報を更新しました。
ページ上に戻る